個人ビジネスで結果が出る人出ない人。1,080時間のコンサル・コーチングでわかった3つの違い

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOASH0I9A3698_TP_V

僕はこの6年間でウェブ上では3000名以上、マンツーマンでは300名以上のサポートを行ってきました。

そのほとんどが、ブログを活用した起業・副業ノウハウに関するご相談。

これだけの方々と関わっていると、ありがたいことに日々嬉しいメールを全国(たまに海外)から頂くことができます。

例えば、名古屋在住30代 個人事業Dさんからのお便りは年末に届きました。

Dさん
この1年間、ご指導くださりありがとうございました。1年前の自分では考えられないような結果を残すことができ、驚いています。

わかつき
Dさん、実は僕も驚いています(笑)「正しい方向に対して、十分な努力をすれば」必ず成果は出ますね。その方向性を示すのが僕の役割です。

Dさん
若月さんとお会いしたのは大阪セミナーの1度きりで、最初は個別指導自体とても緊張しました。しかし、話しやすい雰囲気で進めてくださるので、毎月楽しみにしています。

わかつき
Dさんは会社を辞められてゼロからの挑戦だったのでかなり大変でしたよね。そんな状況でも頑張ってくださったので、今の成果に繋がったのだと思いますよ。

個人ビジネスで結果が出る人、出ない人

HARA15091339IMG_2184_TP_V

では本題です。

このようなご質問をいただきました。

Dさん
若月さんはコンサルやコーチングをどなたかから受けているのですか?
わかつき
はい。実は6年前から毎月、ビジネスのアドバイスを受けていますよ。理由は3つあります。常に方向性を確認するため。モチベーションを保つため。励ましてもらうため。ですね。
Dさん
では、結果が出るクライアント・そうでない人の違いは何でしょうか?
わかつき
予習をしっかりやる。内容を復習する。目標達成までのデッドラインを決めている。この3つですね。この3つが全てできている方は伸びますし、どれもできていない方はいつまでも成果を出せません。

詳しく解説します。

違い1:予習をする

Montage_P1030569-Edit_TP_V

僕の個別指導では必ず2日前までに受講シートを提出してもらっています。これにより僕は事前準備をすることができるからです。

もちろん当日にも色々なご質問をいただきますが、予め僕が準備しておくことで、当日の60分は密度の濃い時間にすることができます。

また、クライアントにとってもメリットがあり、「自分はいま何が課題で、当日は何を質問したいのか?」という思考の整理につながります。

なかなか前進できない人は、「自分の何が問題で、いま何を解決しなければならないのか」を把握できていません。

僕が指導を受ける時も、必ず事前に関連資料や質問を送っています。これが僕にとっての予習ですね。

違い2:復習をする

P1030247-Edit_TP_V

クライアントには僕との会話に集中してもらいたいので、録音をすることによりメモは最小限にしてもらっています。

僕は会話をしていると色々なアイディアが浮かぶので、メモが間に合わないくらいのスピードでお伝えしています。

そして、音声を復習していただき、3日以内に内容確認シートを提出してもらっています。これにより僕のアドバイスが正しく伝わっているのかを把握するためです。

僕もコンサルティングを受けた後は音声を復習し、関連する疑問や悩みがあればすぐに質問をしています。

違い3:デッドラインを決める

P1030280-Edit_TP_V

3つの違いの中で最も重要なのがこちらです。

僕のコンサルティングでは初日までに、以下のような質問が載っているワークシートを提出してもらっています。

  • 今から10年後、あなたはどうなっていたいですか?
  • 人生であなたがこれだけは絶対に実現したいと思うことは何ですか?
  • もしもお金や時間が十分にあったとしたら、どんなことをしたいですか?

この狙いは【人生のゴール】を明確にしていただくことです。

「そもそも自分は何のためにビジネスを頑張るのか?」ということを常に意識して取り組んでもらいたいからです。

そして、ゴールが明確になったらそこから逆算して、1年後・半年後・3ヶ月後・1ヶ月後・2週間後・1週間後までの目標を書き出してもらっています。

クライアントに目標達成してもらうために、僕からも毎回その人に合わせた宿題を出しています。これがアクションプランですね。

目標を達成するには

KAZ863_yuyakenogurade_TP_V

最も効果があるのは人に宣言してしまうことです。

例えば、僕が主催するクライアント向け勉強会は3ヶ月に1度実施しており、最後に3ヶ月後までの目標とアクションプランを一人ずつ発表してもらっています。

3ヶ月後にはまた同じ場所に同じメンバーで集まることが決まっているので、皆さん必死に取り組んでくれています。

「発表したけど忙しくて何も進みませんでした」ではダサすぎますからね。忙しくない社会人なんて誰もいない(笑)

さらに、いますぐできることとしては、ブログやフェイスブックで宣言することです。

「このブログは毎週月曜日に更新します!」と。

これを守り続ければ読者からの信頼を積み上げることができますよ。

自分に適度なプレッシャー(負荷)をかけ、成長していきましょう。

まとめ

個人ビジネスで結果が出る人出ない人の違いは、

  • 予習をしっかりやる
  • 内容を復習する
  • 目標達成までのデッドラインを決めている

の3つ。

参考にして頂ければ幸いです。

編集後記

P1000847-Edit_TP_V

後日、Dさんからこのようなメールも届きました。

Dさん
いつも思うのですが、若月さんは人と会話をするときの表現や言葉を使うのが上手だなぁ、と思います。相手の気持ちになって言葉を選んだり、質問する際も相手の気分を損ねない表現を使ったりしているように感じます。
わかつき
嬉しいお言葉ありがとうございます! 僕は特に意識していませんが、無意識にそういったことができているのかもしれませんね^^;
Dさん
自分はうまく会話ができない(嫌いではなく、会話が続かない)ので、学ぶべきところが多々あるように感じました(^^)
わかつき
僕も以前は会話が苦手だったのですが、トレーニングを重ねるうちにスムーズにできるようになりました。
Dさん
これまでにどれくらいのトレーニングをしてきたのですか?
わかつき
計算してみたのですが、僕はこの6年間で合計約1080時間(72ヶ月×月15名×1時間)もマンツーマンで会話をしていたことになります!1日8時間働くとしたら、135日間です。これだけ1対1で話していれば上達するような気がしませんか?
Dさん
ブログで紹介されていた「雑談力(ストーリーで人を楽しませる)」は、非常に興味があるので読んでみようと思います。というか、若月さんの紹介している本は、かなりの確率で購入しちゃってます(笑) 理由は、実績のある方が紹介しているものは信頼があるし、何よりその本が面白いと感じるからです。
わかつき
嬉しいです。これからも買いまくってください(笑)
Dさん
来年は更なる飛躍の年にできるよう尽力していくので、今後ともよろしくお願いいたします!

※僕のクライアントの成果や声はこちら

http://kenstyle.jp/category/%e5%8f%97%e8%ac%9b%e8%80%85%e3%81%ae%e5%a3%b0/%e8%b5%b7%e6%a5%ad%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0/

個人ビジネスで結果が出る人出ない人。1,080時間のコンサル・コーチングでわかった3つの違い
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする