Q:「昼下がり15時からの集中力がなくなります」A:「15時から17時はスポーツジムへ行って身体を鍛えましょう」

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151_TP_V

読者のIさんからご相談を頂きました。

普段は会社員をしており、独立を目指して努力をしている日々です。

いまはどのように1日を使ったら
効率よく作業ができるのか模索しています。

問題は昼下がり15時からの集中力がなくなります。
若月さんは何か工夫していますか?

僕は個人ビジネスをスタートさせたのが23歳ですので、すでに10年ほど
自己管理ができなければ人生終了。という環境で日々を生きています(笑)

会社員の場合は朝起きて、会社に行きさえすれば、あとは強制力のある
環境の中で夕方や夜まで仕事を頑張れると思います。

しかし、専業になると自分が社長なので、仕事へ臨む姿勢を
180度変えなければビジネスはうまく行きません。

僕が個人事業主であった23歳からの5年間は、今のように外で仕事を
するようなことはなく、1日中家に籠って作業をしていました。

午前中は起きたばかりなので集中できるのですが、お昼以降は眠くなってきますし、なぜかやる気がなくなることが悩みでした。一人でずっと家にいるとなんだか虚しくなってきますし・・。

1日の時間割を決めて行動する

それで、これと全く同じ感覚になっていたのが受験生の頃でした。

朝と夜は家で勉強できますが、なぜか日中はできませんでした。
だから、図書館や自習室へ通っていたのを思い出します。

そして、法人化した現在は、「やる気が出ないから仕事が進みません」
なんて状態が続くと倒産するので、時間管理について色々工夫してきました。

最近では、大体9時30分から14時30分までは外で作業をしています。

いくつかのお気に入りのカフェがあるのでプロのライターや漫画家のように、
外で仕事に没頭。(ネット接続せずオフライン作業)

そして、14時30分くらいになると頭が疲れてくるので、15時から17時までは近所のスポーツジムに行き、ストレッチ⇒筋トレ⇒エアロバイク⇒サウナ⇒お風呂というよう流れで、

・健康管理
・リラックス
・集中力回復

ができています。

※平日の15時から17時まではスポーツジムのゴールデンタイムで、おばちゃんとおじちゃんが最も少ない時間帯なのです(笑)

カラダとココロは繋がっているので、メンタルを鍛えるにはフィジカルを鍛えれば良いですよ。これに気づいたのが2年前なので、その時から筋トレが日課になりました。

そして、ネット接続するオンライン作業は朝と夜にしています。

時間管理・エネルギー管理はビジネスマンに必須のスキルですので、
自己管理できるように頑張っていただければと思います。

健康管理も仕事の一部です。

日頃の不摂生が原因で病気になってしまったら自分のお客さんに迷惑がかかりますからね。

まとめ

Q:「昼下がり15時からの集中力がなくなります」

A:「僕もその時間帯は眠くなって仕事どころではありません。だから15時から17時はスポーツジムへ行って鍛えましょう。仕事への集中力を持続させるために、工夫して時間割を組めると良いですね!」

Q:「昼下がり15時からの集中力がなくなります」A:「15時から17時はスポーツジムへ行って身体を鍛えましょう」
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!
【動画】才能をお金に変えるオンライン講座(無料)

【動画】才能をお金に変えるオンライン講座(無料)

●こんなお悩みありませんか?

好きなことや才能を活かして稼ぎたい・・」
「才能とは特別な人が持っているもの・・」
「そもそも、自分の才能ってなんだろう?」

●そんなあなたが講座を受講すると・・

「自分の才能を見つけるのって難しいことではないんだな」
「自分でも気づいてなかった、自分らしさを発見できた!」
「自分の才能がどのようすれば人に喜ばれる価値になるのかわかった」

このような学びや気づきが得られます。

なぜならば、どんな人にも必ず才能はあるからです。

7日間無料オンライン講座の詳細はこちら

●オンライン講座 受講生の声