やすらぎの里(高原館) 断食合宿デトックスコース!男の断食リトリート3泊4日一人旅 in 伊豆高原

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1DSC00364a

僕は「やすらぎの里」の中でも高原館ファンなので、これまでの8回中7回は高原館でした。

そこで、ここからは3泊4日高原館への滞在をメインにお伝えしていきます。

※2016年4月から「本館」「高原館」の他に第三号として4泊5日の「養生館」がオープンしました。前の「本館」が今の「養生館」へリニューアル。そして、今の「本館」は新しい場所に新しい施設としてオープン。したがって、この記事で触れている、僕が過去に滞在した「本館」というのは今の「養生館」となります。

僕が「やすらぎの里(高原館)」を大好きな5つの理由

1.3泊4日がちょうど良い

1DSC00139

本館は1週間が基本プランです。基本ということは、参加者のほとんどが1週間です。

一度だけ本館で3泊4日の特別プランで滞在をしましたが(現在は特別プラン無し)、ほとんどの人はすでに3泊先に滞在しており、仲良くなっているので温度差が激しかったです(笑)

そして、国内旅行であれば僕は3泊4日がちょうど良いのではないかと感じています。

山梨から静岡は近くて車で行ける距離ということもありますが、1週間の休みが取れるなら、僕は沖縄か海外へ行きたいと思ってしまうのですね。

旅には適度な期間というものがあり、長ければ良いわけではありません。

以前にハワイ14泊の旅をしましたが、途中で飽きました・・。この反省を活かし、それ以降のマウイ島やスリランカでは8泊10日にしまして、ちょうど良かったです。

本館での1週間プランの人は年1回来ているリピーターさんが多いようですが、僕の場合は高原館での3泊4日を半年に1度のペースで参加することで、心身のバランスを整えることに成功しています。したがって、このペースがベストかと。

2.一人で静かに過ごせる

1DSC00138a

本館は1週間と長いこともあり、団結力が生まれ、食事中や何のイベントもない時間もけっこう賑やかです。

これはこれで楽しいのでしょうけれど、僕は一人でまったりとすることを目的にしているので、なるべく一人にしておいてほしい(笑)

高原館が好きな他のゲストの皆さんと会話をしてみると、同じような意見が多かったです。一人でまったり過ごせるのが高原館。

普段はコンサルや講師という喋る仕事をしていることもありますが、この3日間はなるべく静かに過ごしたいのです。

高原館の場合は3泊と短いですし、半数くらいは日曜午前チェックアウトで帰ってしまうため、本当に一人でゆったりと過ごせます。

もちろん食事の時間は同席される方とお話ができるので、ずっと一人というわけではありません。

人と適度にコミュニケーションできるのが高原館の良いところですね。

ちなみに、高原館は別荘地にあるので周りもかなり静かです。自然の音しか聴こえません。一方で、本館(現在の養生館)は浮山温泉郷にあり周りは旅館が多いので車の音が聴こえる時もあります。

3.金曜チェックイン、月曜チェックアウト

1DSC00357a

僕は18歳から23歳までの5年間は東京に暮らしました。その結果、やはり自分には地方のほうが合っていることがわかったので、それ以降は地元の山梨に滞在しています。

最大の理由は、混雑が嫌いで自然が好きなこと。

いまは、月6日程度は東京で仕事、3ヶ月に1度は大阪へ出張をしており、地方と都会の割合はこれくらいのペースが丁度良いと感じています。

高原館の平日チェックイン、平日チェックアウトということは、道路や電車、観光スポットや周辺施設が混雑せず空いているので快適。

ですので、僕のように自由業の方はぜひ、空いている平日に周辺の観光地までお散歩に行かれると良いと思います。

4.岩盤浴がある

1DSC00445a

親の影響で子供の頃から温泉が好きになり、サウナも入るようになりました。大人になった今では、ほぼ毎日通っているスポーツジムでも、運動が終わった後にサウナ→水風呂→お風呂です。

高原館には3名が同時に利用できる岩盤浴があります。僕は滞在中に1日30分を朝と夕方の2回入るくらい好きなので岩盤浴は欠かせません。

サウナも岩盤浴も終わった後はアタマもカラダもスッキリしますし、経験上その日の夜はグッスリと眠れますね。普段の仕事で頭と目を酷使する僕には必須です。

一方の本館(現在の養生館)にはサウナがあるのですが、一人用なので狭いです。閉所恐怖症の方には辛いかも。さらに屋上・屋外にあるのでサウナの外に出ると寒い(笑)

ちなみに、高原館のほうがリラクゼーション施設としては新しく、ゲストが過ごしやすいような設計になっています。一方の本館(現在の養生館)は元々保養所だった施設を改装したようなので、高原館とは全く設計が違います。

5.月曜チェックアウト後に癒しのリゾート 赤沢スパへ行ける

IMG_1320

さらに「やすらぎの里」本館(現在の養生館)近くには、DHCが運営する癒しのリゾート 赤沢スパ(海洋深層水)があります。チェックアウト後に直行したいので、高原館からはタクシーで行っていました。

癒されるのが好きな僕にとって、やすらぎの里とセットで断食リトリートの旅は満足度100点となります。赤沢スパがなかったら75点になっちゃうくらい、かなりポイントの高い施設です。

平日午前は空いておりほぼ貸し切り状態。まさに天国。

そして、いつも下記のメニューを3ヶ月前に高原館とセットで予約しています(笑)

赤沢スパでのメニュー

まずはアロマの香りに満たされたリラクゼーション空間、スチームサウナの中で海藻ジェルバック、塩のドーム、という3大ドームに合計で1時間過ごす。

DSC00190

定員8名くらいですから週末はきっと満員でしょう。僕は平日午前なのでいつも貸切です。

その後は、クリームバス60分(ヘッドスパ・首・背中・腕・デコルテのマッサージ)とフェイシャル60分(クレンジングやパック)合計で2時間。

DSC00189

この3大ドームと2時間のエステの組み合わせはかなりおすすめですので、これから行かれる方はぜひ体験してくださいね(特に男性)。

「完全に女子じゃねーか」と思われるでしょうか。はい、周りからはいつも「女子力高いよね」と言われています。

高原館では整体などの施術60分と岩盤浴を2日間、鍼灸60分(オプション)、タイ古式マッサージ90分(オプション)を受け、赤沢スパでは3時間のリラクゼーション&エステ。

こんな贅沢な3日間を過ごしている人はそんなに多くはないのではないでしょうか。

僕は、半年間仕事を頑張った自分へのご褒美としてこれらを毎回受けています。至福の時間ですよ。

ちなみに、赤沢スパのサウナと水風呂も最高です(サウナ5分⇒水風呂1セットを3回)。僕がいつも通っている普通のジムとはレベルが違いますね。

編集後記

写真 2016-05-30 9 31 55

いかがでしたでしょうか。

この4年間で8回通ってきて、わかったことや感じたことを記事にまとめてみました。

前回の八ヶ岳合宿の記事に引き続き、かなり大変でしたが感無量(笑)

1つの記事で約17000字も書いたのは人生で初めてかも。
写真は4日間で約500枚撮りましたので、その選別にもかなりの時間が・・。

それでも挫けずに記事を完成させることができたのは、少しでも多くの方に「やすらぎの里(特に高原館)の素晴らしさを知って頂きたい!」という情熱が僕にはあったからです。

(帰ってきたばかりなのに、この記事を書いていたらまたすぐに行きたくなりました・・)

この記事を読んで、「自分も行ってみたい!」と感じたらぜひ体験してみてください。
まずは週末2泊3日の高原館での滞在がおすすめです。

1DSC00382a

そして、体験した結果、とても良かったと感じたらぜひご感想メールをくださいね。

楽しみに待っています。

また、「やすらぎの里」HPを見てもわからなくて、僕であればわかりそうなことなどがあればお気軽にご連絡くださいませ。

それでは、長文記事を最後まで読んで頂きありがとうございました!

DSC00493高原館3人

※左が「やすらぎの里」代表の大沢先生、右が「高原館」館長の小出先生

関連情報

僕がやすらぎの里へ通うきっかけになった書籍

合宿へ参加する前にまずは本で学びましょう。
「キレイへの断食セラピー」はこちら↓

世界中、日本中のプログラムが紹介されています。
「7日間で人生を変える旅」はこちら↓

やすらぎの里(高原館)のHPはこちら

数ヶ月先まで予約が埋まっている場合があるのでご注意。

伊豆の温泉で癒やされながら週末断食デトックス

おまけ

普段はビジネスコンサルをしているのですが、実はこれまでに、不健康なクライアントを5名ほど高原館へ送り込んできました。

「仕事の成果を上げる前に、まずはアタマをリセットしてきてください。アドバイスはそれからですよ」という感じで。

悪く言えば「やすらぎの里」は不健康な人間のための強制収容所(笑)

彼らの中から3名の感想を次のページで載せてみました。

予告

1DSC00399a

実は今回の滞在では、高原館の前館長で今は養生館の館長をされている、小針先生へのインタビューと養生館の見学をさせて頂きました。

こちらも面白い内容になりそうなのでご期待ください。

更新のお知らせはFBページでいたしますので、ぜひ今のうちにいいね!をお願いします(笑)

次のページ(おまけ):合宿へ参加したクライアントのご感想

やすらぎの里(高原館) 断食合宿デトックスコース!男の断食リトリート3泊4日一人旅 in 伊豆高原
人生には時々、日常を離れてくつろぐ時間が必要です。 たまには立ち止まって、自分らしさを取り戻しましょう。 パソコンと同じよ...
やすらぎの里(高原館) 断食合宿デトックスコース!男の断食リトリート3泊4日一人旅 in 伊豆高原
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こばやし ゆうこ より:

    こんにちは、大沢先生のFacebookから拝読させて頂きました。私も三回 高原館に癒されに行きました。1人旅行もしますが、毎日の忙しさ、ストレスから、自分を見つめ考える時間の大切、行きと帰りの新幹線内は、違う自分です。若月さんの読みながら行きたくてウズウズしました。ありがとうございます。 今年還暦のおばさんからのメールでごめんなさい。

    • 若月健 より:

      こばやしさん

      コメントありがとうございます!

      3日や4日の短い期間ですが、
      まるで違う自分に生まれ変われることが魅力ですよね。

      僕も自分の記事を書きながらウズウズしていました(笑)