ハワイの大自然を満喫する7日間で人生を変える一人旅!カラダとココロを癒やす8泊10日マウイ島

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC02169

僕の会社の決算期は7月です。

1年間仕事を頑張った自分へのご褒美として、2013年の7月にマウイ島を最高に満喫してきましたので、その旅日記を公開します。

マウイ島はヒーリングスポットとして世界的に有名な場所。

ハレアカラ山頂から雲海沈む眩い夕陽。

渓谷や滝も数多く、ジャングルのように野生植物が生い茂り、ハワイの村も覗ける天国のハナ往復の冒険旅行。

静寂と漆黒の暗闇の中で眺める、まるでプラネタリウムのような満天の星空。

自分と向き合い、一人の時間を大切にできる充実した日々でした。

精神的にも肉体的にも癒された、非常に素晴らしい8日間だったなぁと実感します。

マウイ島を選んだ理由


大きな地図で見る

2012年は初ハワイで、マウイ島とオアフ島へ14泊で訪れました。

マウイには11泊、オアフには3泊しました。そして、前回はオアフ島在住のクライアントさんにお会いしました。

今回は仕事を始められて忙しいということと、僕がマウイ島にすっかり魅了されてしまったので、マウイオンリーの旅となりました。

マウイ島の魅了は何と言っても素晴らしい大自然なのです。

アメリカ大手出版社が発行する『コンデナスト・トラベラー』誌で「ベスト・アイランド」に18年以上選ばれて続けているようです。

適度に田舎で適度に便利な居心地が良い場所なのですが、僕の地元である山梨もそんな感じです(笑)

そして、日本人にはマイナーな場所なので、ホテル滞在中には日本人を数名しか見かけませんでした(ハワイへ行く日本人は年間150万人くらいで、そのうちの5%未満がマウイへ行く)。

これがオアフ島となると、有名なホテル内のレストランで半分くらいは日本人ですので大きな違いです。個人的にはホノルルにいると日本にいるのと変わらないと感じるので、非日常をゆったりと満喫するにはマウイ島がおすすめです。

8泊10日にした理由

DSC01883.JPG

「7日間で人生を変える旅」という書籍は「1週間あれば人生を変えられるよ」というコンセプトの、僕のお気に入り旅本です。

海外で2泊3日は一瞬ですし、3泊4日もあっという間です。その点、8泊10日なら3泊の倍以上なのでかなりまったりとできました。

ちなみに、前回のハワイ滞在は14泊でしたが、個人的には長すぎた・・。

途中で、「そろそろ帰ってもいいかな〜」と思ったくらい。そして、14日もフルに仕事をしないでいると仕事復帰するのが結構大変でした(笑)

しかし、8泊10日という長さはちょうど良くて、帰国後もすぐにいつも通り仕事をこなすことができました。

また、今回の旅では「フォーカルポイント」というビジネス書を一冊だけ持っていきました。

その本には以下のように書かれていました。

「週に一度は仕事を一切せずに休息せよ。1ヶ月に一度は二、三日の短い休暇を取ろう。そして、毎年、一週間から三週間の休みを取ろう。このように休みを多くとるほどに、リフレッシュできるため、結果的にはもっと多くの仕事をこなせるようになる」

たしかに、僕は定期的に断食リトリート合宿へ行くことで、心身のリフレッシュができています。

旅へ一切出ずに仕事だけをしていた時よりも、オン・オフの切り替えがしっかりとできます。メリハリがあるので、仕事にも良い影響を与えていることを実感できています。

今回の旅の目的は3つ

1.感動

DSC02386

「人生の質はどれだけ感動を味わったかで決まる」という言葉を、過去にどこかで読んだ記憶があります。

日常生活で心を揺さぶられるほど感動することって滅多にないですよね。

僕の場合は映画で感動することが多いですが、全身で味わう感動の深さとは比べ物になりません。

そして、旅先で感動を体験できる1つの方法がオプショナルツアーに参加することです。

オプショナルツアーとは現地発着型ツアーのことで、マウイ島では現地在住歴10年以上の数名の日本人プロガイドの方にお世話になりました。

学生時代の貧乏旅行も良いですが、ある程度のお金を出してプロにガイドしてもらう感動&ワクワクの旅も、ストレスフリーで余計なことを気にせず楽しめるのでおすすめ。

料金は半日(約10時間)で160ドルでしたが、レンタカーでは立入禁止の場所や、日本語ガイドブックには掲載されていないようなレストランへ連れて行ってもらえるので、とても満足度は高かったです。

2.リラックス

IMG_0709

海外旅行というのは、チケットも宿泊費もそれなりにかかりますので、どうしても元を取ろうと色んな場所へ行って、たくさん食べて、買い物をして、というように忙しくなりがちですよね。

しかし、僕は心と身体を休ませることができない忙しい旅は好きではないので、8泊のうちの4日間はホテルやホテル周辺でまったりとしていました。

このように敢えてどこにも出かけずに、仕事のことは完全に忘れて、自由に好きな本や映画を、マウイの心地良い風を感じ、波の音が聴こえてくる部屋から楽しんでいましたが、それはそれは贅沢な時間でした(笑)

ラッキーなことに、ホテルにある部屋の目の前が海でしたので、毎日、ゆっくりと流れる時間の中で、サンライズとサンセットの素敵な景色に感動し、癒されて、徐々に心と頭がリセットされていきました。

また、一人旅だったこともプラスして、自分と向き合い、自分の人生を振り返る時間がたっぷりとありました。

今後の仕事や夢、家族や趣味のことなど、色んなことにのんびりと思いをめぐらせる本当に良い機会です。

例えば、先ほどご紹介した「フォーカルポイント」のワークの中には、「あなたの余命が半年であったとしたら、自分の人生をどんなふうに変えたいか?」という項目がありまして、僕が出した答えはこれまでに考えもしなかったものだったので意外でした。

忙しい日常から離れて素直に心で感じたことなので、これが本心なのでしょう。

3.モチベーションアップして頂くこと

DSC02581.JPG

僕がブログ初心者であった10年ほど前に、ブログノウハウを参考にしていたブロガーさんが旅好きで、よく旅行記をブログやメルマガで公開されていました。

その内容に僕はとても感動し、毎回モチベーションを頂いておりました。

そして、いまは僕もある程度同じように自由に使える時間を手に入れたので、今度は僕の読者やクライアントさんに対して、やる気をアップしてもらうためにも定期的に旅へ行こうと考えるようになりました。

本やブログを見ればいくらでも他人が経験した旅を調べることはできますが、僕という身近な存在が体験した旅を知って頂く意味は大きいでしょう。

そして、あなたにも是非、機会があれば僕と同じように、感動&リラックスの旅を体験し、いつでも自由に自分の人生を楽しむことができる人間になってもらいたいと思っています。

海外一人旅3つのメリット

IMG_0757

1.完全に自由

何を食べようが、どこへ行こうが全て自分で決めることができるので、旅先で経験したいことは全てできます。

これが複数ですと相手の同意が必要になるので、自由に行動することは基本的にはできません。もちろん友人や家族と行く旅行も楽しいですが、一人旅もできる環境にいるのであればたまにはおすすめです。

また、僕は普段から一人で行動することが平気なので、一人旅にも何の抵抗がないのですが、恐さや不安で一人旅をできない人も中にはいるようです。

「一人旅ができる人は自立できている証拠ですよ」と言われたことがあります。

起業・独立は自立した人間でなければ上手くいかないので、自分に自信がない方や完全に自立できていないと感じる方は一人旅に挑戦してみてはいかがでしょうか。

(一人旅をしても安全な国を選んでいきましょう。命を奪われたらオシマイですからね)

ただし、レストランに関しては周りがほぼ複数で一人では入りづらい時もあるので、僕はマウイ島ではオプショナルツアーの中に含まれているレストランを楽しみました。

そして、ホテルにいるときは地元の人がよく利用するスーパーで、ヘルシーなサンドイッチや野菜、果物を食べていたので、旅行前の体重と変わることがなく、ダイエット的にも成功の旅でした。

IMG_0694

素麺サラダ!なぜかドレッシングが醤油だった・・。
IMG_0693

(ちなみに、運動は毎日していました。海外旅行へ行くと食べ過ぎてしまうのでほとんどの人は数キロ太ると思います)

そして、完全に自由ということは会社経営と同じで全て自己責任ですから、自分の頭で考え解決する力を養うことができるのも魅力です。

2.新たな出会いが増える

一人旅をしていると心がオープンなので出会いも増えます。だから寂しいと感じることはありません。

むしろ一人だと寂しいから積極的に英語でコミュニケーションを取ろうとするのかも。英語学習には良い環境ですね。

相手からしても複数より一人でいたほうが話しかけやすいです。一人で旅をしていると、旅先の地元の人や、同じような旅行者に声を掛けられる事も良くあります。

実際に、スーパーでは現地人と思われたのかわかりませんが、隣にいた旅行者らしきマダムから、「このお水が今セール中なのよね?」と話かけられました(笑)

これがアジア人複数で行動していたら相手は話しかけづらいでしょう。

また、オプショナルツアーでは僕は一人参加でした。

一人のためガイドさんと話す機会が増えますので、色々と教えてもらうことができラッキーです。

仲間と一緒にいるとどうしても、仲間内で話す事が多いので、一人旅に比べたら新たな出会いはかなり減ります。

したがって、一人旅の魅力の1つは、普段の生活では絶対に出会わないと思われる世界の人と、出会って会話できるところでしょう。

これが良い旅の思い出になるのですよね。その度でしか経験できないことですから。まさに一期一会。

3.自分とじっくり向き合う時間が確保できる

DSC02468

多くの人は、家族や学校、職場など様々な単位の集団の中で生活しています。

その状況でひとりで居ること、ひとりで考えること、ひとりで何かを感じることができるチャンスは意外と少ないものですよね。

僕の場合は一人社長なので普段から一人の機会が多いですが(笑)

一人旅はそんな貴重な機会を設けてくれ、自分や周りの環境を見直す良い機会でもあります。
いつも周りにいる職場の仲間、友達、家族、恋人。

いつも当たり前のように一緒に居ると、空気と同じようにそのありがたさや大事さを忘れてしまいます。

しかし、敢えて知らないところへひとりで飛び込み、しばらくの期間ひとりで行動していると、自然とその人たちを思い出すものです。

とくに家族(ペット含む)や恋人を。

失って初めて分かる、では遅いので、距離を置いてひとりで過ごすという体験をすることで、その大切さを再認識するいいチャンスになりますよ。

次のページ:ハレアカラ山頂サンセット&星空ツアーの写真など

ハワイの大自然を満喫する7日間で人生を変える一人旅!カラダとココロを癒やす8泊10日マウイ島
僕の会社の決算期は7月です。 1年間仕事を頑張った自分へのご褒美として、2013年の7月にマウイ島を最高に満喫してきましたので...
ハワイの大自然を満喫する7日間で人生を変える一人旅!カラダとココロを癒やす8泊10日マウイ島
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする