セルフイメージを明確にする3つのステップ。自分を変えるために行動を起こす

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

aP1020627

「あなたはどんな人ですか?」
「あなたは何をしている人ですか?」
と問われた時に即答できるでしょうか。

答えられない場合は、まだ自分のセルフイメージが明確ではないので、
一度言語化してみることをおすすめします。

ここでは3つのステップをご紹介しますね。

ステップ1:自分はどんな人間なのか?どんな価値観を大切にしているのか?浮かぶキーワードを出来る限り書き出す

若月の例)

自由・健康・癒し・絆・起業家・情報発信業、コンサル・コーチ・講師・人と関わることが好き

ステップ2:浮かんだキーワードをベースに文にする

この際は、
どんな状態の?どんなモノ・コト・ヒトを?どうする?
という型に当てはめてみましょう。

若月の例)

・自由を目指す、起業家や経営者を、支援する

・時間や場所に縛られない自由を目指す、個人の人生を、豊かにする

・ブロガーやコンサルタントに、人に伝わる文章術を、教える

・自由な、ライフスタイルを、実現する

ステップ3:書きだした文に当てはまる役割を書いて完成

若月の例)

・自由を目指す、起業家や経営者を、支援する・・コンサル・コーチ

・時間や場所に縛られない自由を目指す、個人の人生を、豊かにする・・起業家・情報発信者

・ブロガーやコンサルタントに、人に伝わる文章術を、教える・・講師

・自由な、ライフスタイルを、実現する・・人(個人としての生き方)

ここまでのまとめ

いかがでしょうか?

セルフイメージが不明瞭だと目標も明確になりません。

しかし、複数のセルフイメージを自覚することで、
自分の方向性がブレずに、役割に応じた行動ができるようになりますよ。

自分を見失いそうになった時こそ、原点に戻って
「自分はどんな人間なのか?」再認識しましょう。

行動してみて初めて好きなことが見つかる

子供の頃は先のことなど考えず、
興味が赴くままに様々なことにチャレンジしてきましたよね。

例えば自転車。

何度も転倒して痛い思いを経験し、初めて自分一人で乗ることができた感動は今でも鮮明に覚えているのではないでしょうか。

しかし、大人になるにつれて、効率やコストパフォーマンスを計算してしまい、だんだんと行動範囲が狭くなっていませんか?

まさに僕がこのタイプなのです(笑)

子供にとっての自転車への挑戦は、大人にとってのバンジージャンプに近いと思います。

僕はかなりの慎重派なので、万が一事故が起きたら大変なことになると考え、バンジージャンプは経験したことがありません・・。

このように人は日々の行動に多くの制限をし、気づくと同じような日々を送るようになります。

自分を変えるために行動する

aP1020670

ビジネスコンサルのクライアントKさんの事例をご紹介します。

彼はこれから独立してキャリアカウンセラーとして活動していきたいと、僕の元へ来てくださいました。

まだ32歳と若いですし、会社員を辞めたばかりなので人脈はそんなに広くありません。
そこで僕は、「都内でたくさん開催されている読書会などのイベントへ参加して、まずは横のつながりを増やしていきましょう」と提案しました。

しかし、彼は会社員生活10年間で本を数冊しか読んだことがないので、読書会へ行くことは乗り気ではなかったようです。

それでも、僕のことを信頼してくれているので、仕事のためだと言い聞かせて、彼は勇気を出して参加しされました。

すると、実は彼は学習意欲が高く、人とのつながりを増やすことに喜びを感じると、読書会へ参加してみてはじめてわかったようです。

今では自発的に色々なイベントに参加されており、無事にクライアントも獲得されています。

まとめ

きっと僕との出会いがなかったら、彼は一生このようなイベントには参加していなかったでしょう。

それくらい、大人になると行動に制限をかけてしまうものです。

したがって、これまでの自分を変えるためにも、普段絶対しないような行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

自分の意外なワクワクポイントを発見できるかもしれないですよ。

セルフイメージを明確にする3つのステップ。自分を変えるために行動を起こす
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!
【動画】才能をお金に変えるオンライン講座(無料)

【動画】才能をお金に変えるオンライン講座(無料)

●こんなお悩みありませんか?

好きなことや才能を活かして稼ぎたい・・」
「才能とは特別な人が持っているもの・・」
「そもそも、自分の才能ってなんだろう?」

●そんなあなたが講座を受講すると・・

「自分の才能を見つけるのって難しいことではないんだな」
「自分でも気づいてなかった、自分らしさを発見できた!」
「自分の才能がどのようすれば人に喜ばれる価値になるのかわかった」

このような学びや気づきが得られます。

なぜならば、どんな人にも必ず才能はあるからです。

7日間無料オンライン講座の詳細はこちら

●オンライン講座 受講生の声