過去の夢を思い出すことが自己実現への第一歩。「夢のどんな要素に魅力を感じたのか」分解する

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

-shared-img-thumb-HIRO_P6270013_TP_V

「あなたの夢は何ですか?」
と質問されて、即答できる大人は多くはないでしょう。

一方で、
「あなたが憧れる人や尊敬できる人は誰ですか?」
と質問されたら、多少は答えやすくなるのではないでしょうか。

夢というのは人物と比べて抽象的でイメージがしづらいですし、大人になるにつれ考えが現実的になり、子供の頃の夢を忘れてしまうことが原因です。

今回は、僕が現在に至るまでに抱いた夢を振り返ってみます。

初めに憧れた人物は料理人の父親

ひとりっ子で育った僕は、6歳から9歳までの間、温泉を経営する料理人の父の手伝いをしてきました。その時、商売を通して様々な大人と直接触れ合うことの楽しさを感じ、それがきっかけで、手に職をつけて、お客さんから直接、「ありがとう!」と言われる仕事に小さな頃から興味を持ちました。

それと同時に、近所の友人から誘われ、小学3年からサッカー部に所属して部活に明け暮れる日々を送っていたのです。チームでキツイ練習に耐え、一致団結し、試合に勝った時の達成感や絆というのは何事にも代えがたい経験です。また、当時はちょうどJリーグが開幕した時期ですから、卒業する頃に書き込んだ夢は「サッカー選手」でした。

この夢があったからこそ、毎日の練習に没頭できたのだと、いま振り返って思います。

僕は周りのチームメイトと比べて足が遅かったので(笑)、消去法でポジションはゴールキーパーに決まりました。だからその時期に憧れていた選手も必然的にGKです。

そして、その後、中学時代もサッカーを続け県大会で優勝することができ、順調に夢へ近づいていたように感じました。しかし、優勝後に招集された県選抜の選考会で、まるで野人のように飛び跳ねゴールを死守する他校のライバルを目にして、「コイツには勝てないな・・」と感じ、あっさりと夢を諦めてしまったのです。

その後、中学時代は教師に憧れ、高校時代は医師を目指しておりましたが、
紆余曲折あり22歳になりました。

友人の影響で起業家を目指す

半年間のアメリカ留学から日本に帰国して少しだけ就職活動をしました。しかし、自営業の父の影響で、サラリーマンとして仕事をする自分の姿も想像できなかったので、真剣に取り組むことができず、就職も決まりませんでした。

その後しばらくして、学生時代に出会った独立心旺盛な友人の影響で、「社会や組織に依存せず、自分の力で生きていく」と決意することができました。

元々、子供の頃に手に職をつけて働く料理人の父の姿を見ていましたし、教師や医師のように専門家として働き、直接人から感謝される仕事への憧れが強くあったからです。

19歳で自分を見失ってから5年ぶりに人生の目標を見つけることができ、「夢を追い求めてがむしゃらに努力する自分」が蘇るきっかけとなりました。

過去の夢を要素に分解してみよう

以上が、僕の過去から現在に至るまでの夢の経緯です。

おそらく僕と同じように、多くの夢を諦めてきた大人は多いのではないでしょうか。

そんな時は、過去の夢を要素に分解してみてください。
僕の場合は、サッカー選手・教師・医師の3つです。

サッカー(選手)のどんな要素に魅力を感じたのか?

完全実力制の世界、スキルがあればトッププレイヤーになれる
試合で活躍すると注目を集めることができる、
褒められる、カッコイイと思われる、
キツイ練習に耐え一致団結し試合に勝った時の達成感や絆

教師のどんな要素に魅力を感じたのか?

生徒に物事を教え喜ばれる、生徒の成長を感じる、
生徒とのつながりができる、
生徒の人生に影響を与えることができる、
好きな科目に没頭できる、生徒や家族から感謝される

医師のどんな要素に魅力を感じたのか?

人から尊敬される、命を救うことができる、
患者の人生に影響を与えることができる、
好きな研究に没頭できる、患者や家族から感謝される、
社会的地位が高い

まとめ:これらの要素を今の仕事で実現出来ているか?

もしも実現できている要素が多いのであれば、やり甲斐を感じる日々を送れているのではないでしょうか。僕は現在、講師やコンサルタントの仕事をしていますが、上記に挙げたものに近い要素が多く含まれるので、自分では天職だと感じています。

一方で、今の仕事にまったく要素が含まれないのだとしたら、それは別の仕事に取り組むべきというサインかもしれませんね。

僕は23歳から28歳までの5年間は、ただ生きていくためだけにウェブの仕事をしており、人との交流もほとんどありませんでした。たしかに成果には満足していましたが、上記の要素がほとんどありませんでしたので、やり甲斐を感じることができなかったのです。

過去の夢を思い出すことが自己実現の第一歩です。
まずは、「夢のどんな要素に魅力を感じたのか」を分解してみましょう!

過去の夢を思い出すことが自己実現への第一歩。「夢のどんな要素に魅力を感じたのか」分解する
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする