「今日の文章が一番下手で、水泳みたいに練習すれば上手くなりそう」祥子さん 元英会話トップセールス 30代・神奈川在住

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

shoko

ブログを書く上で、まずは「誰に」を設定し、そのペルソナに向けて、「誰が」「何を」考えるというという思考が本日一の学びでした。

ざっくりと、「自分の才能を知りたい人」に向けて、講師として情報発信していこうとは思っていましたが、特に「この人」という一人を浮かべて、その人に向けて、その人のために書くってのが大事なんですねぇ。

私は、これからブログを始めたい「初心者」ですが、今日の文章が一番下手で、水泳みたいに練習すれば上手くなりそうな期待を持つことができました。

shoko2

※若月のコメント

ほとんどの人はブログを書く時に、「最も文章を伝えたい相手」を意識していません。意識しないと不特定多数へ向けたメッセージとなり、読み手の心を動かすような文章にはならないのです(特に成約を目指す記事では重要)。

思い出して下さい、小学校での校長先生の話を。全校生徒に向けて話しているので、当たり障りない内容になりがちで、「感動した!」というような中身では決してなかったと思います(笑)文章もこれと同じですね。

祥子さんは今後、産後のキャリアに悩みながら、本当はもっとやりがいのある仕事やビジネスで収入を得たい、というママのためのセミナーやコンサルティングをしていきたいようです。

普段は交流があるので、これからもサポートさせて頂きたいと思います!

「今日の文章が一番下手で、水泳みたいに練習すれば上手くなりそう」祥子さん 元英会話トップセールス 30代・神奈川在住
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする