理想の2020年をじっくりと考える贅沢な3日間。2泊3日の夢合宿を大自然に恵まれた八ヶ岳で開催しました!

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ合宿形式にしたのか?

P1020531

今回のグループワークの内容は、都内での半日や1日の研修として実施することも可能です。
しかし、この合宿でのポイントは、日常生活を離れて非日常空間に身を置いて頂くことでした。

僕は定期的に一定の期間、「外に篭もる」ようにしています。

それが、4年前から半年に1度通っている、伊豆高原での断食リトリート合宿3泊4日です。

僕はこの4日間で、アタマ(思考)ココロ(感情)カラダ(肉体)のリセット&リラックスをするのが目的です。

つまり、半年間に1度、魂(命)の再起動をすることで、新たな自分に生まれ変わり、次の半年後まで頑張れるような仕組みを作っているわけです。

こういった、自分一人だけの時間を定期的に確保している人はなかなかいないことに気づいたので、僕が普段行っていることを、クライアントさんにもぜひ体験してほしいから合宿形式にしました。

自分の人生にとって本当に大切なことは何か

aP1020670

僕もそうなのですけど、仕事に追われるような忙しい日々を過ごしていると、緊急ではないが重要なことを、先送りにしちゃいますよね。

そうすると、気づけば仕事ばかりの日々になっており、自分が何のために働いているのかわからない、自分を見失う状態になってしまいます。

幸福感が無いような毎日を誰も送りたくないでしょう。

そこで、僕は「半年に1度は必ず外に籠もって自分を見つめなおす時間」を確保しています。
人間も自然の一部ですから、大自然の中で原点回帰をして、徹底的に自分と向き合います。

年始に年間スケジュールを立てる時には、すでに春と秋の年2回の合宿参加をカレンダーに書き込んでいるので、先延ばししてしまうことがありません。

真剣に夢を語り合える仲間の重要性

bP1020562

今回の3日間は一人で過ごそうと思えばいつでもできることです。

特に僕は地元なので、旅館まで車で30分のためいつでも来れるわけです。それでもなぜ、クライアントであり仲間でもある彼らと一緒に合宿をしたのか。

中沢さんの感想にもありましたが、こういったイベントは「どこで」「なにを」実施するのか、以上に、「だれと」共に同じ時間を過ごすのかがとても重要な要素となるからです。

家族やパートナーほど近すぎず、赤の他人ほど遠すぎない存在。それが固い絆で結ばれた仲間。

一人でもこういった合宿はできますが、向上心がありお互いを高め合えるような仲間と共に過ごしたほうが楽しいのは間違いありません(特に食事やお酒の時間)。また、一人でワークに取り組むと、「自分にはこんなことは無理だろう」と無意識のうちに制限してしまいがちですよね。

人生のモチベーションは仲間によって支えられる

aP1020559

しかし、お互いを思いやり、励まし励まされる仲間の存在があると、「もしかしたら自分にもできるかもしれない・・」「彼があれだけ頑張っているのだから自分もちょっと努力してみようかな・・」と自然に思うことが出来るわけです。

僕は、人生を豊かにする上で仲間というのはとても大事な存在だと思っています。

23歳から28歳までの5年間は引きこもってウェブの仕事をしており、収入には満足していましたが、やりがいは全く感じることができませんでした。

それは人生を共に楽しめる仲間が一人もいなかったから。

僕のようにウェブの仕事をしていて、普段なかなか人と接する機会がない(必要がない)人ほど、このような合宿に参加してほしいですし、今回のような仲間と出会える場のプロデュースも今後はしていきたいと強く感じます。

編集後記

aP1020664

この記事を書き上げるのに日数で5日間、合計で10時間くらいかかりました・・。

文字数が約9000字ですし、唐澤さんに撮って頂いた素敵な写真もたくさんあったので、これくらいの時間を費やしてしまったのは仕方のないことかも。

また、これだけの時間が必要だった最大の理由は三日間が充実しすぎていて、何を・どこから・どの程度伝えれば良いのか悩んでいたからです(笑)

記事ネタのアイディアがたくさん浮かぶのは良いのですが、それを収束させ、まとめるのがけっこう大変。

それでも挫折することなく記事を完成させることができた2つの理由

P1020577

1つは、参加した彼らが合宿後にこの報告レポートを読むことで、改めて、「最高の時間だったなあ・・。また半年後の合宿に向けて今から頑張ろう!」と感じてほしいからです。

そして、2つ目は、まだまだこの世の中には、僕という存在や僕がしていることを必要としている人達がたくさんいると信じているからです。

今回の記事をきっかけに新たな出会いがネットやリアルであれば、とても嬉しく思いますし、10時間の悶々とした苦悩も吹っ飛びますw

(このブログはまだ数ヶ月前に立ち上げたばかりで、目的は新たな出会いです)

今後の合宿について

P1020602

今回は月15名ほどのビジネスコンサルのクライアントの中でも限られた3名だけが参加できる合宿でした(1名は仕事の都合で欠席)。

このような合宿は半年に1度実施していて、これで3回目となります。

3回目にもなるとだんだんと合宿のコツがわかってきたので、そろそろ読者さん向けにもブログ合宿を開催していきたいと感じているところです。

もし実施するとしたら、グループワーク重視の1泊2日に凝縮させて、平日コースと週末コースを用意したい。

したがって、「自分もこんな勉強会や合宿に参加したい!」と感じられたら、ぜひフェイスブックで友達申請して頂いて、ご連絡くださいませ。希望者さんへのヒアリングを実施して企画を考えてみたいと思います♪

都内からのアクセスが良い、癒しのスポット山梨県へ遊びに来てくださいね〜。

追伸

P1020688

個人的な予定となりますが、今後は以下のような合宿に参加予定です。こちらの合宿レポートもお楽しみに。

5月下旬:
3泊4日 断食リトリート参加 in 伊豆高原

6月下旬:
5泊6日 リトリートセミナー参加&ドライブ in 沖縄本島

というわけで、長い文章になってしまいましたが、最後まで読んでくださり大変ありがとうございました!

関連記事

独立後何年もの間、引きこもりでフリーランスの仕事をしていた状態から、勉強会へ参加し、人生の目的が見つかった中沢さん
中沢さん 埼玉在住・31歳 プログラマ、ツール販売者 勉強会に参加する前はどんな悩みがありましたか? 以下のような、...
29歳の頃に会社員として年収1000万だったにも関わらず、やりがいを重視して転職し、今ではゼロから個人ビジネスに挑戦されている唐澤さん
唐澤さん 神奈川在住 32歳 個人事業主 コンサル受講前はどんなことに悩んでいたのですか? これまで経験したことのないビジネスを立ち...

今回参考にしたガイドブック

1泊2日や2泊3日での旅のモデルプランが載っていたり、コンパクトにまとまっているので今回の合宿ではフル活用させていただきました!旅のお供にいかがでしょう?僕はさっそく沖縄本島編も注文しましたよ。

Amazonで昭文社 旅行ガイドブック 編集部のことりっぷ 清里・八ヶ岳・南アルプス (旅行ガイド)。アマゾンならポイント還元本が多数。昭文社 旅行ガイドブック 編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またことりっぷ 清里・八ヶ岳・南アルプス (旅行ガイド)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

おまけ:合宿の写真集

カメラも趣味の唐澤さんが素敵なお写真をたくさん撮ってくださいましたので、載せてみました!

理想の2020年をじっくりと考える贅沢な3日間。2泊3日の夢合宿を大自然に恵まれた八ヶ岳で開催しました!
僕は山梨生まれ山梨育ちです。 学生時代の18歳から23歳は東京に住んでいて、その後再び故郷に戻り今に至ります。 平日は山...
理想の2020年をじっくりと考える贅沢な3日間。2泊3日の夢合宿を大自然に恵まれた八ヶ岳で開催しました!
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする