コンサル・コーチングのサービスをゼロから始めるには?コンセプトやネーミングを決める方法

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、色々な方にアドバイスをしておりますが、
本日は、ゼロから起業したい人向けの内容です!

まずは
Bさんからのご感想。

━━━━━━━━━━━━━━━━
思うままに伝えた内容を元に、いろんな角度から真剣に考えていただきました。おかげ様で、バラバラだった頭の中が整理された気がします。アドバイスを元に精度を高めて深く考えてみますね。状況に応じて、本格的にお願いすることがあるかもしれませんが、その際はどうぞよろしくお願い申し上げます。事業の組み立てに悩む方には、とてもオススメできる方でした。本当にありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━

次に
Bさんからのご相談。

━━━━━━━━━━━━━━━━
ヤフオクからインターネットビジネスと言われるものの殆どを実践し、
ここ5年間は、コピーライティングを主な武器にして、不動産投資家を育成する会の
事務局、コピーライター、マーケティング、バックオフィス管理、
社長の相談役を一人で担当してきました。

1、○○の小さな店舗向け:売上げ倍増プロジェクト第一弾:LINE@の活用法の提案(店舗、私、両方の時間有効活用のため、基本的に全てオンライン完結)

私は、店舗を利用した時、商品を買う、サービスを利用する、
支払いをするという消費の場の居心地の良さ、もしくは、
足りないところを「感じる」「考える」ことが大好きです。

女性(主婦)が消費の鍵を握っていますので、
どのようにすれば、女性に愛される店舗、人に自信を持って紹介できる店舗になるか、
という視点を軸にしつつ、まずは、今使わなければ損と言える
LINE@を導入してもらい、売上アップのお手伝いをしたいです

2、インターネット業界における塾に参加しても、
  起業コンサルタントに依頼しても、どうしても先に進めない人に対し、
  作業を伴走者として支えるサービス

私自身も多数経験し、痛感してきたのですが、
稼げる人間になろうと塾に参加したり、コンサルタントについても
作業が円滑にいかないことが多かったです。

でも、少し前にお世話になったコンサルタントのやり方で
半強制的に作業を進めることができました。

その経験から、以前の私のような人たちを救済するサービスを
展開したらどうかと思った次第です。

具体的には、細かい手順書やその人の状況に合ったスケジューリング、
コンサルタントには質問しにくいレベルのことでも
起業家として成長を妨げない程度に指示、サポートします。

私が唯一誇れることは、徹底して相手のことを想いやり、
相手の意を汲んで尊重しながらお付き合いができる点です。

そういう意味において、1の店舗、2の起業家、それぞれの
サポートをすることは、経験やスキル、性格を考えると
人生の集大成の仕事としてベストではないかと感じております。
━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたならBさんに対してなんとアドバイスしますか?

ビジネスのトレーニングになりますので、
想像しながら僕の回答をご覧ください!

若月のアドバイス内容

はじめに

Bさんは、

・物販店店長の経験
・コピーライティングが武器
・社長の相談役を担当
・徹底して相手のことを想いやり、相手の意を汲んで尊重できる

という点が素晴らしいですね!

一方で、

・これからの事業内容が正しいのか
・どのように差別化できるか
・コンセプトやネーミング

という点で悩まれているご様子です。

1の店舗向けコンサルについて

世の中のほとんどの店舗集客コンサルは男性なので、
Bが女性ということ自体が最大の強みではないでしょうか。

したがって、女性コンサルが小さな店舗の女性オーナーに向けて
アドバイスするお仕事は非常に可能性を感じます。

女性の気持ちは女性が一番わかりますので、
切り口としては女性オーナー専門にしても良いですよね。

すると、結果的に女性性の強い男性も集まってくるはずですよ。

いまはまだ店舗コンサルの実績をお持ちでないと思いますので、
まずはご友人やお知り合いのつながりで、小さなお店から始めてみてはいかがでしょうか?

雑貨屋、ヨガ教室、自宅サロンなど、
政令指定都市の・・であればたくさんありそうですね。

2のサポートサービスについて

Bさんはコンサルやコーチに向いていると思います。

「必要な作業を依頼者と共に進める伴走者」というのがまさにコーチングです。

とっても良い案だと思います。

ただ、懸念点としては、相手のコンサルとの、ビジネスの方向性ややり方で意見がぶつかる可能性もあるので、Bさん自身がコンサルもできたほうが良いです。

そうすればコンサルタントの気持ちや考え方もわかるようになりますからね。

僕自身もはじめはブログコンサルから開始したのですが、解決策を提案することがメインのコンサルだけでは、人に成果を出してもらうことは難しいと実感し、後からコーチングも学び始めて、いまはコンサル・コーチングのスキルを合わせてアドバイスしております。

一言で表現できるようなネーミングやコンセプト

こちらはズバっとお伝えできれば良いのですが、
素材が少ないので困難です。

その素材というのが、お客様の声ですね。
声が最大のヒントになります。

僕の肩書もこれまでの声から引用したものです。

したがって、現段階では仮でも良いので、
はじめはすぐに浮かぶようなもので良いですよ。

1のビジネスの場合の肩書なら店舗集客コンサルタント
など。

ブログについて

「このコンサルタントは普段どんな考え方でビジネスをしているのだろう?
どんな実績があるのだろう?どんな顧客がいて、どんな声をもらっているのだろう?」

と疑問に思われるので、ブログでの情報発信は必須です。

いまお持ちのノウハウを小出しや事例集でいいので書いていきましょう。

いまの課題

現在は、ブログやSNSをしっかりとご活用できていないと思うので、こちらを強化してみてください。

すぐには結果は出ませんが、今から取り組めば3ヶ月から6ヶ月後には成果となって現れます。

お仕事が暇なときほど攻めの営業が必要なので、ビジネスブログを構築し、ブログからお仕事を獲得できるようになりましょう。

まとめ

今回は3つの大事なポイントをお伝えしました。

1.まずは身近な人に最大限貢献していく

2.コンサル・コーチング両方のスキルが必要

3.ネーミングやコンセプトは声をヒントに

いかがでしょうか?

ぜひ参考にしてくださいね。

コンサル・コーチングのサービスをゼロから始めるには?コンセプトやネーミングを決める方法
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!
【動画】才能をお金に変えるオンライン講座(無料)

【動画】才能をお金に変えるオンライン講座(無料)

●こんなお悩みありませんか?

好きなことや才能を活かして稼ぎたい・・」
「才能とは特別な人が持っているもの・・」
「そもそも、自分の才能ってなんだろう?」

●そんなあなたが講座を受講すると・・

「自分の才能を見つけるのって難しいことではないんだな」
「自分でも気づいてなかった、自分らしさを発見できた!」
「自分の才能がどのようすれば人に喜ばれる価値になるのかわかった」

このような学びや気づきが得られます。

なぜならば、どんな人にも必ず才能はあるからです。

7日間無料オンライン講座の詳細はこちら

●オンライン講座 受講生の声