海外大学生からのご相談→Q:「将来は会社に勤めず自分で起業をしたいです」A:「経験上、20代の若い時期からお金稼ぎを重視してビジネスをすることはおすすめしません」

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は学生さんや20代前半の社会人の方々から「ビジネスを始めたい」というご相談を受けることが増えてきました!

これに関連して、起業に関するインタビューを受けましたのでこちらの記事でご紹介いたします。

僕のような生き方は、僕が学生の頃には周りにほとんどいなかったので、変わり者としか思われていませんでした(笑)

地元へ帰る度に、祖父から「早く就職しろ!」と言われていた頃が懐かしい・・。

しかし、最近になって、「若月さんのような生き方に憧れます!」と言われることが増えてきましたので、時代の変化を感じますね。

そこで、今回は学生さんや若い社会人の方々を対象とした内容となっております。

ぜひ参考にしてください!

はじめに

僕の経歴をまとめたプロフィールがありますので、まずはこちらをご紹介。これまでに僕がどのような経緯で今に至るのかがわかるのではないでしょうか。

才能マネタイズの専門家。学生時代に出会った友人の影響で、「社会や組織に依存せず、自分の力で自由に生きていく」と決意。その後アメリカへ留学するも半年で帰国し、起業について試行錯誤を繰り返す日々を送る。

ベンチャー企業を経て、挫折を繰り返し人生に絶望していた23歳の頃にインターネットビジネスで独立。

28歳で法人化し、これまでに3000名以上の自由なライフスタイルを目指す個人に対して、ブログマネタイズ・ウェブライティング・セルフコントロールのサポートを実施。将来のビジョンは「人々が自分の才能に気づき、才能を活かして豊かな人生を送ることができる社会」の実現。

では、以下はインタビュー内容です。

Q:仕事を辞めたい!と思ったのはいつ頃のことですか?

学生時代のアルバイトをしていた時期

Q:なぜそのころに仕事を辞めたい!と思ったのですか?

通勤が面倒!組織が窮屈!単純作業が退屈!(笑)

Q:その頃で、一番強く「仕事を辞めたい!」と思うようになった瞬間の出来事やエピソードを教えてください

時給制なのでいくら努力をしても、周りでサボっている人間と給料が同じこと(笑)

そして、自分もサボっていたら社長から、「テメエ、サボってんじゃねえ!ふざけるな!」と怒られた。

その結果、「時給制の組織の中で働くのは自分には向いていないんだな」と悟った。

Q:当時の自分が願っていたことは何ですか?どんな風になったらいいなと思っていましたか?

完全歩合制で、自分の努力が120%反映されるような仕事をしたい。

Q:当時、願望をかなえるためにどんな行動をとってみましたか?

組織ではなく、個人で仕事をしたい。でも何もできることがなかったので、まずはブログを始めた。単純作業ではなく、クリエイティブワークがしたいと思っていたので、文章作成には没頭できた

Q:今、当時に戻れるなら自分はどういった行動をとりますか?

3年くらいは修行だと思って組織の中で働く。

Q:それはなぜですか?その行動が重要である理由を、当時の自分に教えてあげるつもりで書いてください

一応、IT系の会社の就活はしましたが、当時は自分に自信がなかったので全てうまくいきませんでした。その結果、仕方なく個人で仕事をするようになりましたが、いま振り返ると、ちゃんとした組織で働くチャンスがあるのは新卒の時だけなので、その機会を活かすべきでした。独立・起業なんていつでもできますから(笑)

Q:上記のことを知らなかったせいで、当時の自分はどんな風に遠回りや失敗をしたと感じますか?

就職することなく23歳からビジネスを始めて、半年間である程度の結果は出ました。しかし、それに満足してしまい、ヒキコモリのような時期を1年半ほど過ごしました。これはこれで貴重な経験なのですが、社会に出て社会経験を積んだほうが人としての成長はできたのかなと!

Q:当時の自分に「やっちゃダメなこと2つ」を伝えるとしたら、一つ目は何を伝えますか?

20代の若い時期からお金稼ぎを重視してビジネスをすること

Q:それはなぜですか?経験を踏まえて教えてください

20代で稼げるようになってしまうと自分に満足して挑戦をしなくなってしまう。僕の場合はそうでした。しかし、それ以上に社会経験を積むことのほうが大事だといまは思います。

Q:当時の自分に「やっちゃダメなこと2つ」を伝えるとしたら、二つ目は何を伝えますか?

20代の若い時期だから知り合えるたくさんの人と交流しないこと

Q:それはなぜですか?経験を踏まえて教えてください

自分に満足してしまったことで、外部との交流をしなくなってしまった。その結果、存在していたであろう多くのチャンスを失うことにつながる。

Q:当時の自分と同じような状況の人から相談されて、「3つのステップでアドバイス」をするなら、どんな3つの手順で行動を促しますか?

先日、海外へ留学中の大学1年生から「将来は会社に勤めず自分で起業をしたいので、ブログで情報発信を始めました。どうやれば稼げるでしょうか?」という相談をされました。

彼のような人に僕が伝えたいのは以下の3ステップです。

1.自分には耐えられない仕事を知ろう
2.挑戦しまくって絶望しよう
3.好きで没頭できることに出会おう

目先のお金を追い求めるよりももっと大切なことがあります。

大学時代の4年間でこの3つを経験することができれば、
自ずと、どんな時代になっても稼げる人間に成長していることでしょう。

1.自分には耐えられない仕事を知ろう

大学生には自由に使える時間がたっぷりあります。その時間を活用して勉学だけでなく、アルバイトにも取り組みましょう。

色々な仕事を経験していけばいくほど、「自分にはこの仕事は無理だな・・」と思えるようになります。

中には、「どんなバイトもすごく楽しかったし、長続きしました!」という方もいるでしょう。それは素晴らしいことです。社会人になってもきっと継続して仕事に取り組めるはず。

一方、僕の学生時代はというと、ほとんどのアルバイトが長続きしませんでした。長くても1年くらい。

ぼくはこの経験を通して、「どうやら自分は、好きでやりがいを感じる仕事でなければ続かないのではないか」ということがわかりました。

これを学生時代に発見できたことは、とっても大切な出来事でした。

その結果、自分の適性がわかったので、23歳からビジネスを始めて12年も続いています。

2.挑戦しまくって絶望しよう

大学時代はどんどん挑戦しましょう。挑戦しない人生には成功はないし、失敗もありません。

失敗を積み重ねれば積み重ねるほど、「長い人生の中で自分は何で勝負をすべきなのか」がわかってきます。

僕の人生を振り返ると、高校卒業までは順調でした。その当時までは、ある程度の成功体験もあったので、「人生は努力すればいくらでも切り拓ける」と思っていたのですね。

大学受験は難関学部に挑戦したので、現役時代は失敗しましたが、あと1年頑張れば受かるはずだと思い込んでいたので、上京して寮暮らしをして、1年中勉強しかしない日々を過ごしました。

それでも・・。

行きたい学部にはいけなかったのですね。

僕はこの時に初めて、「人間にはいくら頑張っても叶えられないこともあるんだな」と悟りました。

それでも、世間では良いと言われている大学には入れたので、「大学から頑張ろう!」と思ってはいたのですが。

アルバイト・留学・就活・資格試験のどれもが中途半端でうまくいきませんでした。

もう何度も挫折して人生に絶望していたのですね。

そして、消去法の末に最後の選択肢として残されていたのが、独立・起業だったのです。

いま思い返してみると、学生時代のこの4年間の挫折・失敗・絶望があったからこそ、自分が理想とする仕事に出会い、自分が生きたい人生を生きられているのだと強く実感しています。

3.好きで没頭できることに出会おう

何をやってもダメだった僕ですが、文章を書くことだけは時間を忘れて没頭できたんです。

元々、父が読書好きで家に色々な本が置いてあり、それを子供の頃から読む習慣があったから、活字が好きだったからかもしれません。

独立・起業するしかないって追い込まれたときに、ちょうど日本でBlogやSNSが流行してきた時期でした。

僕は「これだ!」と思って、半年の間、毎日14時間、寝食を忘れて必死にブログの文章を磨くトレーニングを自己流で実践しました。

そして、何とかひとりで食べていけるくらいの広告収入を得られるようになり、それまでの経験や努力が報われる結果になりました。

以上の、3ステップ

1.自分には耐えられない仕事を知ろう
2.挑戦しまくって絶望しよう
3.好きで没頭できることに出会おう

これが、

学生時代から起業を目指す人に伝えたい3つのことです。

僕はかなりの遠回りをしてきたほうだと思うのですが、振り返れば1本の道で繋がっていました。

これから起業をしたい方のご参考になれば幸いです!

海外大学生からのご相談→Q:「将来は会社に勤めず自分で起業をしたいです」A:「経験上、20代の若い時期からお金稼ぎを重視してビジネスをすることはおすすめしません」
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!
【動画】才能をお金に変えるオンライン講座(無料)

【動画】才能をお金に変えるオンライン講座(無料)

●こんなお悩みありませんか?

好きなことや才能を活かして稼ぎたい・・」
「才能とは特別な人が持っているもの・・」
「そもそも、自分の才能ってなんだろう?」

●そんなあなたが講座を受講すると・・

「自分の才能を見つけるのって難しいことではないんだな」
「自分でも気づいてなかった、自分らしさを発見できた!」
「自分の才能がどのようすれば人に喜ばれる価値になるのかわかった」

このような学びや気づきが得られます。

なぜならば、どんな人にも必ず才能はあるからです。

7日間無料オンライン講座の詳細はこちら

●オンライン講座 受講生の声