「7つの仕事術」著者 Shinさんへインタビュー!「商業出版の秘訣は出版を目的にしないこと」

「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今回は20代の若手コンサルタント Shinさんに、

・初心者がゼロから商業出版するためのステップ
・ブログが続く人、続かない人の違い
・本業がありながら商業出版を達成できたコツ

などをインタビューさせていただきました。

・ブログをこれから始めたい人
・人気ブログを作りたい人
・いつかは出版をしてみたい人

には、とても参考になる内容となっています。

Shinさんの本業と副業を両立させるための考え方や目標設定法がとても印象的でした。

では、本編をどうぞ!

●登場人物

Shinさん

・外資系コンサルファームのマネージャー
・「7つの仕事術」著者、月間25万PVのブログ運営者

若月ケン

・才能をお金に変える専門家
・趣味は断食リトリート合宿


わかつき
Shinさん、本日はよろしくお願いします!

Shinさん
こちらこそお願いします!

Q:商業出版のきっかけはブログですか?

A:直接のきっかけは、「新入社員に教え込んでいる13の具体的な仕事術を紹介するよ」という記事で、はてなブックマーク数が2588になり、色々な方に読んでいただいたことです。

わかつき
すごい!僕のはてブ最高記録は600でした・・

その中にダイヤモンド社の方がいらして、連絡をいただきました。

また、僕自身が「ゼロ秒思考」のレビュー記事を書いていたこともあり、著書の赤羽さんが僕の記事をシェアしてくれたこともありました。

僕がダイヤモンドオンラインの記事やダイヤモンド社の本に関するレビューを書くと、ダイヤモンド社の方はツイッターなどでシェアしてくださっています。

独自のサービスを展開した結果、出版に繋がる人もいますが、僕の場合はブログ発でした。

わかつき
いきなり出版!ではなく、Shinさんの地道な活動の結果、出版につながったのですね

Q:Shinさんが仮に個人事業主だったとして、ゼロから出版するためにどんな活動をされますか?

そもそも出版というのは難しい活動だと思っています。出版を目指すのはよくない。出すのが目的になってしまうから。

出版社から見たら、とにかく本を出したいと思っているような人にチャンスは与えないと思うんです。

それよりも、普段の活動で実績がある人が結果的に出版にたどり着くのではないでしょうか。

わかつき
たしかにそれのほうが本も自然に売れていきそうですね

巷には出版コンサルのようなサービスもありますよね。それらの全部が良くないとは言わないけど、正直どうなのかなと思っています。

たしかに編集者が集まる飲み会で顔を売ることも大事かもしれないけれど、ちょっと違うかな。順番が違うのではないかと。

したがって、出版を目的にするのではなく、自分のブログやイベント、講演活動など何でも良いので、まずは実績を積み上げていく。

そして、例えばオンラインで寄稿の依頼を受けて、信用を積み上げて、出版しませんか?と声をかけてもらえるような流れが理想ではないでしょうか。

出版は魅力的です。しかし、労力はかなりかかります。

だから、出版を目的にして無駄にお金や時間を消耗するよりは、自分のサービスを広げることに注力すべきです。

そして結果的に、「文章が書けますよ、本も出せるだけの実力もありますよ」というプロセスのほうが自然だと思います。

いきなり夢を壊すようで申し訳ないですが・・(笑)

わかつき
Shinさんがおっしゃるので説得力がありますね!

本を出したいと言い続けることは大事です。
本を書いてみる?と言われる時がくるかもしれないので。

ただ、なるべく面白いことをできるような人間を目指して、普段から自分のレベルを上げていくような活動をすべきです。

Q:では次に、結果的に出版につながるような、魅力的なコンテンツやサービスを生み出すにはどうすれば良いと思われますか?

出版につながりやすいという観点から言うと、
みんなが興味を持ちやすいテーマがいいですね。

そういう意味では、ケンさんの「才能マネタイズ」というテーマはみんな興味があるだろうし、需要もあるでしょうから出版向きですよね。

わかつき
ありがとうございます!(笑)

ただ、繰り返しになりますが、出版をゴールにしないほうが良いです。

それよりは、

・自分のサービスをどう広げるか、
・どこでキャッシュポイントを作るか
・どのように社会に貢献するか

こういったことを突き詰めていった結果、
講演や寄稿のチャンスが来て、最終的に出版に結びつくと思いますよ。

Q:ある著者の方から、僕がこれから「才能マネタイズ」をテーマに出版をするなら成功事例をもっと増やすべきと言われました。Shinさんの著書ではご自分の体験だけですよね?

そうですね。自分の体験から編み出した仕事術ですから主に僕の声です(笑)

会社の後輩たちも実践しているノウハウです。お客さんの声をゴリゴリアピールしているわけではありません。

僕はその方は意見についてあまり賛成はできないです。

なぜなら、LP(ランディングページ)でしてはいけないのは、サービスの内容以上に凄そうにアピールすることだから。

ぶっちゃけ、お金を出せばいくらでも声って集められますよね。でも、サービスを提供したあとに、購入された方からがっかりされたら損失。

だから、サービスの見せ方よりも、コンテンツそのものをよくすることに注力したほうが良いです。そうすれば自然と声も集まりますよ。

わかつき
ウェブを活用したサービスをしていると、どうしても声を集めることを優先させてしまうので、その考えは盲点でした!

Q:Shinさんみたいな人気ブログを作るにはどうすれば良いでしょう?

僕が知りたいですよ(笑)

色々な要素がありますよね。大切なことは、読者の役に立つ内容。ただの個人日記を書いていては意味がないです。

具体的には、本を読んでわかりやすくまとめるとか。ポイントは、記事の内容が役に立つか、面白いかのどちらかですね。

内容は、自分にしか書けない体験談や個人的な意見を意識すべきです。

例えば、

・なにを感じたのか、
・なぜそれを思いついたのか
・実践してどうなったのか
・その結果どう感じたのか

というような、エモーショナルの部分が大事ですね。

その人独自の視点で、血の通ったエピソードを書けると良いです。

これがないと、クラウドソーシングで書かれたような記事と変わりません(笑)

わかつき
僕のクライアントには、文章で喜怒哀楽を表現しましょう!と伝えています。感動したこと、うれしかったこと、挫折したこと、くやしかったことなど。こういった文章のほうが読んでいて面白いですからね。

Q:Shinさんはゼロからブログをされていますが、運営してからはてなブックマークをされるまでの期間はどの程度でしたか?

ブログは1年半前に立ち上げて、20日目でブックマークされました。1か月目からのアクセス数は3万PVくらいでしたよ。

2016年1月26日がブログの誕生日です。

わかつき
とても順調なスタートだったのですね!僕はShinさんよりも10年早い2006年からブログを始めていますので、その凄さがよくわかります(笑)

Q:では、これからブログを始めたい人にお伝えできるコツはありますか?

ブログでもっとも重要な観点は、文章を書かなければ始まらないということ。

好きじゃないと続かないですよ。

情報発信の手段は色々あります。ブログ、ユーチューブ、インスタなど。

ブログは万人向けではないです。文章が楽しいと思う人には楽しいメディアですね。

したがって、まずは文章が好きかどうかを自分に問いかけるべきではないでしょうか?

もし文章が好きでかつ外向性があるなら、リアルイベントに積極的に参加して、人との交流も増やしていくといいですね。

例えば、有名人が講師のセミナーに参加してレポートを書くと、インフルエンサーにツイッターなどで紹介してもらえます

こればかりをやりすぎるのはよくないと思いますが(笑)

わかつき
リアルとネットの活動を両方できる人は強いですよね!

僕も最近はそれを意識して活動しています。

対談イベントに参加して、話すだけで記事にしてもらったりしていますよ。

Q:出版をされてからの環境は変わりました?

リアルビジネスをされている方との交流が増えてきましたね。

リアルイベントがきっかけで、僕が主催するオンラインコミュニティに入ってくれる人も多いです。

わかつき
執筆期間中は大変でしたか?

本を書くのはとても孤独な作業でした・・。

ブログって書くとアクセスが上がるなどの反応があるからいいんですけどね。

執筆には合計で8か月くらい費やしました。本当は毎日少しずつ書くべきだったんです。

「もう書かなくてもいいんじゃないか」
「どうせ書いても売れないだろう」
「ブログがあるし、本業もあるし、出版なんてしなくてもいいか・・」

という葛藤との戦いでしたね(笑)

ただ、奥さんや編集者さんに支えられて何とか書き上げることができました。

奥さんからは「ちょっとでいいからやってみな。」と励ましてもらって、10文字でいいから書こうと思って書いたら、1000文字書けたりしましたね。

わかつき
奥さまの存在が大きいのですね!

Q:Shinさんがすごいなと思うのは、本業も副業もあってかなり忙しいはずなのに、しっかりとした内容のブログ記事を定期的に更新されていることです

人にやれないことなんてないと思っています。

やるべきことをスケジュールに詰め込めば、なんとか工夫してできるようになります。

意識していることとして、ある程度、
「なんのためにやるのか」という目的をクリアにしています。

なんとなくやっていると続きませんから。

例えば、執筆期間中も本が完成した後の妄想をしていました。

知名度が上がる、お金が稼げるようになる、昔の僕みたいにいま困っている人に貢献したい、ちょっとだけでも世界を変えたいというような。

本業での目標は、1人前のコンサルタントになって日本企業のビジネスの発展に貢献したいと思っています。

これらの活動を通して、僕の

・プレゼン力
・資料作成スキル
・人を巻き込む力
・発信力

などがアップするわけです。

このようにして、モチベーションを保っていますね。

わかつき
僕も最近はやることが増えてきましたので、とても参考になります!

Q:ブログ初心者が記事を書いても、世界は変わらないし、反応はありません。それでも結果を出す秘訣は?

やり続ければ成長はできます。

しかし、人はそんなに強くありません。将来の妄想をしても、結果が出ないと心が折れますよね。

ブログは結果が出るまでに時間がかかります。実力がある人でも1年以上になることも。

だからこそ、ブログが向いている人は、単純に書くことが好きな人。

たとえ、お金が稼げなくても、何か強烈に伝えたいことがあるなど、
行動そのものにモチベーションを感じるといいですよね。

お金を稼ぎたいとか、出版をしたいとかの目的のために書くよりも「ただ書きたい。好きなことだからこそ書く」人のほうが続くし、結果的に成果にもつながりますよ。

わかつき
たしかに僕のクライアントでも、ブログで稼げている人は文章を書くこと自体が好きな人が多いですね!

Q:最後にメッセージはございますか?

とにかく人はやらないと変わりません。

だからこそ、僕のブログや本、サービスをきっかけに行動する人が増えてくれたら嬉しいです。

そして、人と対話をすることがアウトプットの機会になり、この対話をたくさん繰り返せる人が優秀になっていきます。

わかつき
人と全く交流せずにひたすら文章を書き続けても、人間的に成長できませんからね

僕はPDCAではなく、DOPDと提唱しています。

・DO
・OUTPUT
・PLAN
・DO

です。

PDCAって、そもそもPLANができずに止まる人がとっても多いんです。

だから、まずはDO!ですよ。

わかつき
なるほど・・。

Shinさん、本日はお忙しい中ありがとうございました!

Shinさん
こちらこそです。ケンさんの出版が近づくといいなあと・・(笑)
わかつき
頑張ります(笑)とても参考になるお話ばかりでした!

●関連リンク

・Shinさん初の著書

AmazonでShinのコピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術。アマゾンならポイント還元本が多数。Shin作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またコピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

・Shinさんのブログ

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。
「7つの仕事術」著者 Shinさんへインタビュー!「商業出版の秘訣は出版を目的にしないこと」
この記事をお届けした
Kenstyle.jpの最新情報を、
いいねしてチェック!
【動画】才能をお金に変えるオンライン講座(無料)

【動画】才能をお金に変えるオンライン講座(無料)

●こんなお悩みありませんか?

好きなことや才能を活かして稼ぎたい・・」
「才能とは特別な人が持っているもの・・」
「そもそも、自分の才能ってなんだろう?」

●そんなあなたが講座を受講すると・・

「自分の才能を見つけるのって難しいことではないんだな」
「自分でも気づいてなかった、自分らしさを発見できた!」
「自分の才能がどのようすれば人に喜ばれる価値になるのかわかった」

このような学びや気づきが得られます。

なぜならば、どんな人にも必ず才能はあるからです。

7日間無料オンライン講座の詳細はこちら

●オンライン講座 受講生の声